2014年12月30日〜2015年1月4日の6日間でタイ西部のシミラン諸島へクルーズツアーへ行ってきました。
参加人数は4人。ダイビング本数は合計11本。
時期が時期なだけに出費を抑えるため、行きも帰りも少々遠回りをしており、移動時間は長めのツアーとなっています。

バラクーダさん登場!

僕はアンダマン海を初めて潜ったんですが、とにかく魚影が濃くて、しかも捕食者がウロウロしているから常に小魚が緊張感のある様子だったという感じでしょうか。

今回の海は基本的に波が高く、エグジットに苦労した…。

ちなみに今回は波が少々高く、表面ががん流れだったのでエグジットが結構大変でした。
あっという間に遠のく船!みたいな。

_MG_0301

3日間の合宿のようなダイビングを終えたら即座に下船。
再びスピードボートに耐える修行を終え、パトンビーチにあるTree Hug Homeへ向かいます。
こちらは大変綺麗なホテルで、いい感じでしたよ。
タイではこうした小さめの新しいホテルが今増えているそうです。
ホテルの目の前に新年のお祝いイベントをやっている広場があったのでそこの屋台で食事を済まし、タイ式マッサージを受けてバタンキュー。疲れた…。

ジェームズ・ボンド島の例の岩。思ったより小さい。

_DSC9168

次の日は朝からパンガー湾のシーカカヌー。
船で移動しながらシーカカヌーやジェームズ・ボンド島、ランチなどを楽しみます。
…が、ジェームズ・ボンド島で3人ほど所在が不明となってしまい、ここで1時間ほどロス。これが結構痛かった。

最後のピピ島へ立ち寄った後はどうするのかと思えば音楽と持ち前の陽気さでショータイム。
うちのジョン氏も踊っていたけど、彼のアドリブ力が遺憾なく発揮された瞬間だった。よくやれるなぁ…。

時間が遅れまくっているので、夕食とお土産の購入をそそくさと済ませ、ホテルへ戻って最後の片付け。
22:00頃に空港へ向かいます。
ちなみにこんな状態なので、次のプーケット→北京の間は記憶が一切ございません。zzz

_MG_0319

_MG_0330

_MG_0339

トランジットの待ちが約9時間ほどあったので入国審査を通って北京の街へ!
空港も街もでかいね。ここは。
ただやっぱり空気の汚れは強いのか、ビルなんかは白っぽく霞んでました。
王府井の全聚徳(北京ダック)、小吃街、紫禁城へ立ち寄り、時間が結構ギリギリになってしまったので急いで空港へ戻り、21:00頃セントレアへ到着というツアーとなりました。

全編通して結構ツメツメにしているので、やっぱりスケジュールとしてはハードな感じになってしまったけど、やりたいことは全部やれたかなー?
あ、ジンベイザメさんに逢えなかったんだった… orz