2018年9月15日〜16日の2日間で南紀ツアーへ行ってきました。
参加人数は4人。ダイビング本数は4〜5本でした。

2018年9月15日(土)

先日の台風や大雨など不安要素が多い中、AM3:00頃に名古屋を出発。
AM8:00頃に1日目にお世話になる、DIVE KOOZAへ到着しました。

到着が予定より早かったので、まだショップの方は来ていませんでしたが、宿泊してた?常連の人達が何となく施設案内をしてくれます。親切。
しばらく経つと代表の上田さんも来たので話をして、何とかブラックトンネルは行けそうな感じに。

1.ブラックトンネル

エントリーしてみると、言われていた通り流れ込んだ川の水の影響で透明度は悪く、うねりも残った状態。
しかもブラックトンネルは濁りやすいポイントということもあって、視界は悪く、深度も深くあっという間に抜けてしまった感じでした。
こういうところは慣れていないポイントは苦戦しやすいですね。

タカベは相変わらず背中の黄色がおしゃれ。

ブラックトンネル。初のポイントだったので、

ダークなブラックトンネル

2.上の島

上の島はブラックトンネルよりはずいぶんと近隣のマクロメインのポイント。
1本目で潜っているグループもいて透明度1m〜3mとは聞いていたので割り切ってマクロに集中すれば、それはそれで楽しいですよね。マクロバンザイ。

アオサハギYG。この子も可愛いよね。

カイメンカクレエビ…で良いんだろうか。

スケロクウミタケハゼ。きれいだよね。

3.上の島

バッドコンディションの上の島にも懲りず、2度目の上の島。マゾですね。多分。
しかもさっきよりもぐっと透明度が落ちて、海底がすでに見えてない場所もあり、自分が上がっているか、沈んでるのかもダイコンを見ないとわからない状態。
正直、ダイビングとしては結構危険な状態でしたが、なんとかガイドしてもらい、目的だったウズラカクレモエビも無事ゲット。

ウズラカクレモエビ。和田アキ子エビとか、バカ殿エビとも呼ばれているらしい。

誕生パーティーとケーキとお酒

3本目から上がると日は結構傾いており、急いで片付けをしてセ・ラ・セゾン!串本養春店へ移動。
無事にケーキを受け取って、今回の宿であるホテルサブマリンへ移動します。正直押しまくりでバタバタ!

学校跡を改築して作ったお店。

誕生日ケーキ!

ちなみにサブマリンさんは建物は古いものの、個室ごとにユニットバスもあって、ご飯も美味しいいい宿でした。

2018年9月16日(日)

2日目は外洋狙いだったのでコーラルクイーンさんへ。
…の前にせっかくなので橋杭岩に立ち寄り。

朝の橋杭岩にて。

三連休ということもあってショップは激混みでしたが、結果としては海況が悪く外洋へは行けずでした…。無念。

4.住崎

串本のメジャーポイント住崎。
見てる感じ魚影も濃く、楽しめるポイント。問題は透明度とうねりが…。
仕方ないんですけどね。

テングタイ。外洋じゃなくてもいるんだね。

5.グラスワールド

こちらもメジャーポイント。住崎もだけど、ボートが無茶苦茶集中してる。
うねりは相変わらずで、マクロが厳しいー!

変形版のアザハタの根なんだろうか。

美しい!

仲間たち

仲間たち

帰り道

今年はとにかく海況に苦しめられる年ですが、自然相手ですし、まあ仕方がないですよね…。無念ですが。
帰り道は橋杭岩を観光して、うなぎを食べて帰りましたよ。
和歌山は東廻りだとやっぱり遠いですね。

橋杭岩のポーズ

うな丼